munchkins’ blog

国際結婚、英語、子育て、プリスクールの内情など、つらつら。。

サービス残業 

f:id:munchkins:20201012110355j:plain

m!

年長クラスの女子Rが今朝、私の姿を見つけるや否や駆け寄ってきたかと思うと、すかさず耳元で 、

 

Today is your lucky day!

と囁いた。

 

何、何、何?と耳を澄ますと、

 

Annie(仮名) is coming.

 

Annie とはRの3つ上のお姉ちゃん👧で、ここプリスクールの卒業生。

現在サタデークラスに在籍する彼女とは、普段会うことはほとんどないのだが、たまに学校が早く終わってRのお迎えに現れたり、サマースクールなどで見かけると私が😅、

 

Annieeeeeeeeeeeeee! 😍😍😍

 

とそれはそれは大騒ぎをするので😅、

Rには私のAnnieに対する愛情が十分に伝わっている様子(笑)

 

Annie's coming this afternoon!

私を喜ばせようと、また自慢のお姉ちゃんがやって来るので、朝からウキウキのR。

 

かわいい奴め😏

 

どうやらAnnieは放課後、サタデークラスの振替でやって来るらしい。

そのクラスが始まるのが、17時

 

...   残業だな(笑)

 

コロナの影響で、特にパートの私たちは定時での退社を強く求められている。

でもRのあの、あんなにニコニコした顔を前に、

そうなの?

とだけ言ってしらっと定時で(15時半)上がるなど、私にはとてもできない(笑)

 

ま、どうせ大した時給ももらってないし😜、なんて強がって(笑)俗に言う

サービス残業をやることにした。

 

探せば仕事は意外にあるもので、そうこうするうちに、

 

Hello..

 

照れながら、Annieがスクールに入ってきた。

 

Annieeeeeeeeeeeeee! 😍😍😍 (懲りない私😅)

 

そこからは、元気?(学校の)宿題はやったの? と矢継ぎ早に、まるで母親みたいな私😅。

はにかみながら

Yes.

1つ1つ、答えるAnnie。

 

久しぶりの対談?に緊張している様子のAnnie だったが、ややもしてだいぶほぐれてきた様子。

そして私が、Rももうすぐ1年生。一緒に学校に行けるね。と声をかけたその時、その瞬間は訪れた。私の胸がチクンとする、あの瞬間が。

 

Yeah,

と嬉しそうに頷いて、話を続けようとするAnnie。

But I think it's..  it's..    

一瞬私の目をチラッと不安げに覗いたかと思えば、すぐにそれを隠すように早口の日本語で話し始めた。

 

難しいと思うよ。だって朝R、全然起きないし。

 

Yeah?

こちらもそんなAnnie の表情の変化など全く気付かなかったことにして会話を続ける。本当は胸がチクチク痛んだけど。。

 

胸の痛みの原因はAnnie のチラッと見せた、あの不安げな表情にある。 

卒業して日本の学校に通い、以前のように英語を話せなくなるのはある意味当たり前のこと。勿体無い😖とか残念に思う事もあるが、それ自体が別に悲しいわけではない。

私の胸を痛めるのは、そのことに本人が気付き、悲しいとか恥ずかしいと思ったりする、

その気持ちに気がついた時。

 

You should wake her up, then.

 

無理だよ〜 誰がやっても起きない。

 

これがプリスクールなら"English, please!"とこども達に声をかけるところだが、

そうしたいのはきっとAnnie も同じなのだ。

だからこそ、構わず話し続ける。

 

How about pouring the water on her head?

たまたま水筒が目の前にあったので、ふざけてそんなことを言ってみる。

 

No, no, no.  Not pouring the water.

お!単語数が増えてきた。

それまでは、Yes / No または単語、それも1単語で答えることが多かったのに。。

いいぞ、いいぞ Annie!  調子出てきたかな?

 

あ〜、もっと話したい。

プリスクールの時のように毎日会って、毎日こうやって話したら、またあっという間に元に戻れるのに😖。。

 

そんなことを思っているうちに、1人、2人とまた卒業生が入ってくる。

 

Hellooooooooooooo! 😍😍😍 

 

卒業生も3人4人と集まれば、もう駄目だよね(笑)

彼ら同士は日本語で話す方が自然だし、英語で話しかけられても日本語で返してしまうことに4人であればあまり抵抗を感じない。もしくは感じても、その気持ちをごまかすことができる

 

ここまでくると、もう私も遠慮はしない。

"English, please!"

彼らもゲラゲラ笑ってる。

 

ま、いいか。

言われていることは分かっているようだし、彼らが笑顔ならそれでいい。 

それに彼らなら、後に留学したいと言ったって楽に叶えてもらえるだろう。

 

サービス残業とは言ったものの、今日は久々に卒業生に会え、楽しい時間を過ごすことができた。これもまた報酬と言えば報酬か😅。

 

サービス残業!イエイ!の1日。