munchkins’ blog

国際結婚、英語、子育て、プリスクールの内情など、つらつら。。

お勧めの本 3

先日、Goldilocks and the Three bears の記事を書いたところで思い出す。 

www.munchkins.xyz

 今日の私のお勧めの本は、クリスマスも近いということで、

The Three Bears' Christmas 

The Three Bears' Christmas

新品価格
¥8,100から
(2019/11/24 12:03時点)

ズバリ!

Goldilocks and the Three bears 

(3匹のクマ)のクリスマスバージョン!!と、言ってもいいかな?

 

Jimmyもどうせ内容を変えるなら、この本を題材にすれば良かったのに。。 クリスマス発表会なんだし、、ね😋

 

さて、この本。私のクラス(個人で開くこども英語教室)では、たら〜🎵 と、出すだけで、

サンタクロース⁉︎ 

の大歓声。

 

実在しない人物で、これほどまでに盛り上がれるこども達よ。私はあなた達が大好きです💕

 

その興奮しているこども達に、畳みかけるように

 Look at this weather?

 

What's this?

 

と立て続けに質問していくと、

 

snowy だの、bear だの、挙句に daddy, mummy, baby 

など、時には質問していないことまで答えてくれ、表紙だけでこの盛り上がり🎉

 

英語を習い始めたのばかりのこどもでも、知っている単語が数多く出てくるのが、この本の何と言ってもいいところ👍

 

特に年齢の低いクラスでは、全文を1文1文きっちり読んでいくことはまずないが、  (難しくて飽きるので)

 

Look at this?

What happened?

Oh, no!

 

の声かけと絵で、こども達はあらゆることを想像し、読み手である私よりも先に物語をグングン率いてくれる。 

 

これが絵本のいいところ👍

 

物語をリードしてくれるこども達の声が、例え日本語であっても(ほとんどの場合がそうか😅)それが短いなら、一旦はそれをそのまま受け止める

 

ねえ、ドア開いてるよ。

 

Oh, yeah🙀 It's open.

 

オープン。

 

Oh, no!

 

てな具合に1語でいいから、こども達の口から英単語を引き出す。

 

そして家に忍び込んだ犯人とやらが、途中で大体分かってしまうんだけど😅そこはこども達に人気の彼。

例え、聞き手が小学校高学年でも「つまんねーなぁ。」など言われることなく許される(たぶん😅)クリスマスにふさわしい素敵な絵本。

 

どうぞ、お試しあれ!