munchkins’ blog

国際結婚、英語、子育て、プリスクールの内情など、つらつら。。

Sitting like a lemon...

f:id:munchkins:20200106194219p:plain

夫の口からよく聞く言葉。この表現、彼が車を運転しているときに出ることが多い。

 

お店の駐車場から、または住宅街から大通りに出る時など、いつまでもウィンカーを出したまま合流できない車の後ろに、たまたま運悪くついてしまった時などに、まあよく出るよく出る。

 

また、反対車線で右折しようとしている車に「どうぞ🙂」とパッシングをするも、全く気づく気配のないドライバーに対しても、この表現が放たれる。

 

これらの状況から察するに"Sitting like a lemon"は、決して 褒め言葉ではないのは確か😅

 言葉は悪いが「いつまでもバカみたいに座りやがって😡」的なことだと思う。

 

苛立つ夫を横目に私がいつも思うこと。

 

レモンと言えば爽やかしかないけどな😚

そもそもレモンは座るのか???(笑)なんてね。

 

こんな小さな出来事で苛立つなんて、あなたのご主人大丈夫?と思われた方のために念の為、しっかりはっきり言っておくが、夫はあおり運転はしない

 

ただ苛立つのには、これまで運転してきた彼の文化が関係する。

 

彼の生まれ育ったイギリスでは、道路の真ん中でいつまでも右折できない車とか、なかなか合流できない車など見ることはほぼないからだ。 

 

基本ウィンカーを出せば入れてくれるので、運転が好きな人にとってはもってこいな国👍

実際向こうに住む日本人が、イギリスのいいところとしてこの「ウィンカー1つでスイスイ行ける道路事情」をあげているのを、日本人向けの地域新聞なんかでよく見る。

 

(日本の)片側2車線の道路で、いつまでも右折できない車の後ろにできる長い列

それに気がつき車線変更を試みるも、なかなか入れてくれない左側を走る後続車

結局、信号が変わるまで動けない😤なんてこと、あなたにも経験があるはずだ。

 

「車線変更させてくれ!!」左側を走る後続の車に対して。

 

「なんでもっと早くウィンカー、出してくれなかったかな。」右折しようとする前の車に対して。

 

イライラは募るばかり。。

 

たった1台入れてやる右折させてやることで、

どれだけこのつまらない渋滞を防ぎイライラを解消できるか?

 

それを思うと、あちらの人はかなり合理的である。

 

ま、運転はかなり荒いけどね😝 (個人の感想です)

 

ちなみにこの"Sitting like a lemon"を車内で聞くことが多いのは既に述べた通りだが、何も車以外で使ってはいけないなんてことはない。

私が車外で夫以外の人からこの表現を聞いたのは、夫婦喧嘩の後リビングにやって来た義母からだった。

 

私たちを見つけるや否や、彼女は怒りに任せて義父のことをこうぶち撒けた。

 

He's been sitting like a lemon!

 

で、うんちゃらかんちゃら。。

 

義父は一体何をやらかしたんでしょう(笑)レモンみたいにじっと座ってばっかりってことだから、、

 

何もしてないか😝  

 

それはそれで、、

 

なるほど。お気持ちお察しします(笑)