munchkins’ blog

国際結婚、英語、子育て、プリスクールの内情など、つらつら。。

帰省ブルー 

f:id:munchkins:20200106195629j:plain

今日の我が家は "boxing day" と言っても🥊ではないよ。自宅でのんびり過ごしている。

 

イギリスではクリスマスの翌日を"boxing day" と呼び祝日になっている。

なぜそう呼ばれるかは諸説あり、

教会が貧しい人達の為に募ったプレゼントの箱(box)を開ける日、だとか

その昔、クリスマスも休まず働いた使用人たちの休暇、はたまた

クリスマスカードやプレゼントを届けてくれる郵便配達員を労う日、などがある。

 

初めてイギリスで"boxing day" を迎えた日、義母は、

前日沢山のクリスマス料理を振る舞い、客をもてなした偉大な主婦を休ませる日😜 

と言って笑った。

その通り!

 

以来、私の中で"boxing day"とは小正月。だら〜んと過ごしている(笑)

 

小正月といえば、日本ではまだたった1夜明けただけなのに、すでにお正月ムード。

朝テレビをつけて1番に飛び込んできたのは、上野アメ横商店街の映像。

クリスマスの余韻にまだ浸っていたいのに、なんだかワサワサする。

 

あ〜、買い物行かなきゃ。 

 

そして、次に映ったのは街頭インタビュー。帰省ブルーについて特集をやっていた。

夫の実家に帰省するのをストレスに感じたり、憂鬱になったりすることで、主に姑が起因によるものとか💦

イギリスに住む義母はとてもできた人で、彼女を思いブルーな気持ちになったことは、これまでただの1度もない。これ本当😋 。

 ( 義母への愛情を綴ってます。)↓ ↓ ↓

www.munchkins.xyz

ここ2年ほどイギリスへは帰っていないが、こどもが小さい頃は毎年夏休みを利用して1ヶ月ほど滞在していた。

私など、こどもの友達がたった1晩泊まっていくだけでも、ドギマギしてしまうのに

1ヶ月なんてとても考えられない。彼女こそブルーだったのでは?と思ってしまう。

 

彼女はホスピタリティーの塊のような人で、人をもてなすのが本当に上手。

初めて会った時から私を丸ごと受け入れてくれ、心地良かったのを覚えている。

そんな彼女だからいつも人が集まってきて、夫の実家は客人が絶えない

 

これは、ちょっとブルーだったかも😅。

 

私の実家はあまりお客さんの来る家ではなかったので、私は接客というのをよく知らない。先ほど、こどもの友達が1晩泊まりに来るだけでもドギマギすると言ったのは、ここからくる😅

 

それに私、英語が母語ではないからね。

 

夫の実家の客人とは主に義母(イタリア人🇮🇹)の兄弟。(全員英伊バイリンガル

8人兄弟の内のたった1人の女性が義母で、みんなが彼女を頼ってお茶しにきたり、時にはご飯を食べていくことも。。

 

イタリア人はみんなで食べて笑って歌うのが好き😍

そして夫がよく付け足すのが、イタリア人は別れ方を知らない(笑)

 

あれ?これデジャヴ???

と思うぐらい、玄関前に並んで何度も"Ciao"(チャオ)やっている(笑)

全くいつ帰るんだか😅

こんなに長いこと英語が母語でもない私が、彼らと一体何を話そう。。

 

やっぱり、ブルーだったかも(笑)

 

 でも、ここで得ることを思えば、私の言うブルーなどなんてことはない(筈)😅

 

この1ヶ月の滞在で私が得るもの、それはこども達。こども達の成長、変化を肌で感じられるから。

語学の成長もそう。でも何より変化を感じるのは、こども達の潤い。

ここイギリスでおじいちゃん、おばあちゃんを始め、たくさんの人からたくさんの愛情を受けたこども達は、本当に潤っている。

何が?と言われても、うまく説明できないけど、潤いという言葉がしっくりくる。

 

それを特に感じたのが、長男、マンが中学生の頃。

これといって反抗するわけでもなかったが、出発前、どことなく渇いているような、そんなイメージだった彼が、帰国してみると何となく潤っている。

見た目は太ったわけでもなんでもないが、イメージとして何となくふっくら柔らかくなったような、、

 

誰か分かってくれるかな〜

 

この感じ😫 歯がゆい。。

とにかくブルーといえばブルーだけど、得られるものは大きい。

 

次男、チキンは初めての家庭訪問で、幼稚園の先生が我が家を訪れた時、

 

先生、何飲む?

 

と訊いて、私を驚かせたしね🤣

さすがは義母の血をよく引いている。もしくは見て学んだのかも。自然に接客してくれ、ドギマギしている私を和ませてくれた(笑)

 

帰省も悪いもんじゃない。