munchkins’ blog

国際結婚、英語、子育て、プリスクールの内情など、つらつら。。

レディファースト 亭主関白 甘やかしたのだ〜れ?

勤め先のプリスクールに、喧嘩するほど仲の良い😅?外国人講師がいる。

彼の奥様は日本人🇯🇵

お会いしたことはないが、とても良くできた奥様なんだと、喧嘩するたびに思う。

 

(彼は)私の手には負えない。当たり前だが(笑)。

 

喧嘩と言っても互いにいい大人なので、痴話喧嘩のようなたわいもないものだが、最初にカチンとくるのは大抵(笑)

 

は?ならぬ "What?

何その言い方😤

 

その言い方というのが、例えば

"Do this." "Do that."

あれやって、これやって、といったところなのだろうが、今の私には、

 

あれしろ、これしろ

に聞こえる。というか、それにしか聞こえない(笑)

 

私の亡くなった両親は共に九州の出身。俗に言う、九州男児と九州女

 

父の、あれやっとけ、これやっといてくれ、

に黙って従う母をずっと見て育ったので、この時彼と出会ったなら、きっと何の違和感もなくそのまま彼を受け入れ、喧嘩することなく共に仕事に励んだであろう。。たぶん(笑)

 

だが、私が彼よりも先に出会ったのは、夫。

 

"Do this." "Do that."

の前に、

"Could you?"" Would you?"もしくは" Can you?"

などをつける人。

それによりこれやって、あれやっては、これしてくれる?あれやってもらっていいかな?となり、丁寧で柔らかい表現になる。

 

そして、忘れちゃいけないのが"magic word" 前にもやりましたね。

www.munchkins.xyz

 "Please"✨

 

そして頼みを聞くと"Thank you."である。

 

最初は、え?ただドアを閉めただけなのに。ただソースを手渡しただけなのに?

 

ありがとうと言われるたびに戸惑ったものである。

これまで父が母に礼を言うところなど、ほとんど見たことがなかったから。(特にこのレベルでは皆無💧)

 

しかし今はそれが当たり前のこととなり、ありがとうも受け取るだけでなく、しっかり発信できるようにもなっている。

その環境でもう20年余りを過ごしてきたのだ。もう元には戻れない(笑)

 

一方、私の喧嘩相手😅、同僚の外国人講師はというと、

"Could you?"" Would you?"の文化から来た人である。

 

それがいつしか

"Do this." "Do that." になり、その後の"Thank you."もない。

 

ということは、、、

 

甘やかされた私が悪いのか、それとも同じように甘やかされた彼が悪いのか(笑)

 

"Hold it."

これ持っとけ。(もしくは)抑えとけ。

 

"What? What's the magic word?"

は? 

 

"What?"

なんだと!

f:id:munchkins:20200109192321p:plain


 

私と彼の戦いは今日も続く(笑)