munchkins’ blog

国際結婚、英語、子育て、プリスクールの内情など、つらつら。。

Don't judge a book by its cover

人を見た目で判断してはいけない。

このことわざ、2回目の登場である。

 

www.munchkins.xyz

 ↑ ↑ ↑

「お勧めの本」の中では、いやいや見た目も大事でしょ。なんて書いてしまったけど(笑)今回は本来の意味に立ち返り、正当にいこう😛

ダメですよ、人を見た目で判断しては。

 

先日、青い瞳のわたしを書いていて思い出したこと。

 

www.munchkins.xyz

 

長男、マンがまだ幼稚園の年少、もしくは年中さんだったころ。

夫が怪我をしてしまい、入院先の病院に夫の同僚であったり、学生さんがお見舞いに来てくれたときのこと。

マンは、夫関係の人には英語を話すのである。それが例え日本人で、夫に日本語で話しかけていても。。

 

同じ日本人でも、私関係の人(私の友達、親族)には日本語を話すので面白いなぁ、と思ったこと。

 

大人は見た目でもって、この人日本人、外国人と仕分けするけど、このころのマンにはそういった見た目での線引きは全くなくて、パパ系は英語、ママ系は日本語というザックリとしたくくり方をしていて、私にはとても斬新だった。

 

それを思い出したら、先日私の髪を栗色に、瞳を青色で描いたプリスクールのこども達の気持ちも、なんとなく分かったような気がする。

きっと英語を話す人ということで、ザックリ担任と同じ髪と瞳の色のくくりに入ったんだと思う。

 

この、こども達の見た目なんかどうだっていい、ザックリ感というか寛容さ見習うべきものがある。

特にプリスクールで働いていると思うこと。アメリカだろうが、イギリスだろうが、中国であろうが、人は人こどもから学んだ大切なこと。

 

どうしてこんな簡単なことを、大人は忘れていってしまうのか

 

先日もプリスクールで大人の起こした悲しい、いや正直とても胸糞悪い出来事があり、本当は思い出すのも嫌なのだが、まあ手短に書くとしよう。

 

ある外国人講師(白人系)が家庭の事情で急に国に帰らなければならなくなり、スクールは急遽、経験豊富なアジア出身の女性を代理で充てたところ、一部の保護者からものすごいクレームが。

内容は、その女性講師の英語が訛っているとのことだったが、絶対にそれだけではない。

というのも、結局あまりのクレームにその代理の講師も辞めてしまい、更にその代理として入ったのがヨーロッパ出身の(白人)男性。

 

めっちゃ、訛っている

 

しかし、クレームを出した保護者達は彼をすんなり受け入れたのである。

disgusiting!

 

何がインターで、何が異文化だ!

 

こども達はあの女性講師に何の不満もなかったというのに。 

 

Don't judge a book by its cover!

 

どんなパッケージがお好みですか?中身がショボくたって知らないから😡

何がこどもにとって1番なのか、よく考えてみよ!