munchkins’ blog

国際結婚、英語、子育て、プリスクールの内情など、つらつら。。

折り返し地点

f:id:munchkins:20200928153355p:plain

プリスクールに勤めて、げ!ざっくりもう10年になる。正確にはまだ届いていないけど、

 

Time flies...

 

嘘みたい。

 

幼稚園に通う次男を朝一で園に送り出し仕事をして、夕方一目散に迎えに行く💦

次男は優秀で、熱を出すのは大抵金曜の夜だったり、私の仕事にあまり支障のないようにしてくれたっけ。

 

学童に入ってからは6つ上のお兄ちゃんが、学校帰りに次男を迎えに行ってくれた

中学生という難しい時期に、ピッカピカのランドセルを背負った弟を連れて、家までの道のりを一緒に歩いてくれたこと、とても感謝している。

あなた達の協力がなければ、今の私はなかったと心から思う。本当にありがとう。

 

凄母 あのワーキングマザーが「折れない」理由 [ 佐藤留美 ]

価格:1,512円
(2019/8/10 18:15時点)
感想(0件)

そして今、その頃の私を思い出させる若きママさん達が採用され、一緒に仕事をし、なんとなく折り返し地点に立ったような不思議な気持ち。

 

私は、これからどこへ向かって行くのだろう。

 

先日上司からフルタイムで働いてみないかと声を掛けられた。

社員として学校運営の方にまわってみないかというもの。

 

入社当初ならすぐにでも引き受けただろう。

長男を出産して、これまた10年近く社会と繋がっていなかったのだから。

2人のこどものママとして充実した毎日を送りつつ、どこか物足りなさも感じていた頃。

パートから社員に昇格する人の話をテレビで観ては、私にもそんな話が来るといいと願っていた。

 

それから10年の時を経てようやく舞い込んだその話に、多少のトキメキはあったものの結局断ってしまった。

運営の仕事にまだ魅力を感じなかったからだ。

まだなのか、それともこのままずっと感じることはないのか分からないが、今はまだ、

現場でこども達や英語と関わっていたい。

 

パートとしてこれまで通り仕事を続ける決断をしたものの、それでもまだ見えないゴールの折り返し地点にいるような、この不思議な感覚は消えない。

 

私は、どこへ向かっているのだろう。

 

その答えを見つけるべく一旦原点に戻ろう。

これまでを振り返り自分は何が好きで、何に情熱を傾けられるのか。